HEPS a lotus root

ARTICLE PAGE

はっは?ん

ゆら帝の帰り道
となりで友がくーすか眠る中ゆら帝の新作をリピーツ
うーん・・この妙な気分は・・・・・
んんん!

小さい頃よく ふとした瞬間に感じることがあった
静寂過ぎるほど静寂で「シーン」とか「キーン」という
どちらかといえば痛い音の中にいて
気分は限りなく無に近いんだけどそこに微量の虚しさと絶望感
意識ははっきりしていて目に映るのは真っ白な壁
自分はそこにいるんだけどいない
魂だけがいるようなかんじ
感覚的には老いていてひどく疲れている
なんとなーくだけど「終わった」感があって

で だんだん なんだ?なんだこれ?
って客観的に見えてきて軽くパニック
思い出しているのか
赤ちゃんのころの記憶なのか胎児の頃の記憶なのか
記憶ではなくて勝手に体感しているのか
なんだかさっぱりわからなかった(今でもさっぱし)
でもそれは 大きくなるにつれて感じなくなった
一回だけそれを思い出させる人に
もう10年前か 出会ったことはあっても
それきり 思い出すことはなかった

それだ!それを思い出してたんだ!
その感覚にゆら帝の新作が異常なほどぴったりだ!
思い出してたことを思い出したんだね

友にその話をしたところ
ミーもAもゆら帝もムー大陸の人なんだよ とのこと
なるほど・・・・?
ムー・・・大陸?ってなに??







夜に強い俺の一曲
  ゆらゆら帝国/学校へ行って来ます
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply